コンテンツ案内

みなさんに合う英会話コンテンツをフローチャートでご案内します。

これまで英語学習に困難を感じたことがない方は、英語と相性がよかったのだと思います。この場合は日本語を介するより、直接英語に触れ合うことをおすすめします。たとえば洋楽、洋書、洋画など、ご自分の趣味嗜好に合ったコンテンツを教材に選ばれるとよいでしょう。

しかし、英語学習に困難を感じている方は、総じて英語との相性が悪いことが多いものです。困難を感じているテーマごとに、どうすれば克服できるか、おすすめの参考書を案内したいと思います。(弊社の商品はオレンジの枠で囲っています。各商品はクリックで商品ページに飛びます)

1、いつも英語学習が続かない

いつも英語学習が続かないという方は、得てして「続かないような学習をしている」ものです。たとえば一回目に張り切りすぎて、二回目以降を続ける気力が残っていないようなパターンなどが代表例に挙げられます。

英語学習の習慣が身についていない間は、学習内容よりも英語に触れつづける習慣を身につけることを重視すべきです。習慣を身につけるための具体的な方法については弊社の『英会話イメージリンク習得法』に記載しているので、ぜひご覧ください。

英語に触れつづけることができたら、次は何をやれば良いのかという内容の話になります。内容については『英語完全上達マップ』に記載されているので、学習計画を立てるときの参考にされると良いと思います。

2、ボキャブラリーが乏しくて英文が読めない

英単語の意味がわからなくて英⽂が読めないパターンは大きく分けて、二つ種類があります。初めて出会った単語なので意味が分からないパターンと、何度も見たことがあるけれど知っている意味に当てはまらないパターンです。

前者の初めて出会ってわからないパターンは単純に語彙力を伸ばすしかありません。この場合は『Duo3.0』がおすすめです。一つの文章にギュッと重要単語を詰め込んでおり、しかも反復練習しやすい形式になっています。

後者の何度も辞書を引いてしまうパターンは前置詞や基本動詞など意味が広い単語で当てはまります。この場合は、英単語のコアとなるイメージを学んでしまったほうが応用が利きやすくなります。

弊社の『英会話エクスプレスシリーズ』ではセクションごとに一つ基本英単語をピックアップしてコアイメージを解説しています。わかりやすい解説はもちろんのこと、イメージ盛りだくさんなので初心者の方でもさらっと読めると思います。

3、英会話で相手の言ったことが聞き取れない

英会話で相手の言ったことが聞き取れない場合は、リスニング能力をアップさせる必要があります。

リスニング対策のスタンダードな教材としては「NHKラジオ英会話」がおすすめです。ビジネスや⽇常会話など細かいジャンル分け・レベル設定がされています。NHKラジオ英会話はスタンダードな教材ですが、解説自体は文字による解説が多く、しっかりはしていますが、堅いと感じる方もいらっしゃると思います。

そういう方には弊社の『英会話エクスプレス シリーズ』がおすすめです。イメージを主体とした解説で、ゆるく全体をざっくり理解することができます。一日あたりの学習量も10分から15分程度に抑えていて、机に向かって学習する必要がないので継続しやすいことも特徴の一つです。ぜひご検討ください。

4、英文法が何回やり直しても頭に入ってこない

英文法を何回やり直しても頭に入ってこないのは、文字による解説に頼りすぎているからかもしれません。文字による解説がしっくり来ない場合は、ぜひイメージによる解説本も読んでみて欲しいと思います。

英文法をイメージで解説した本で、全体をざっくりと理解するのに最適なのが弊社の『英会話イメージリンク習得法』です。

一方で細かいところもしっかりと押さえたい場合は『一億人の英文法』がおすすめです。これまでの英文法の分類に準拠しながら、イメージをたくさん使ってわかりやすく解説してくれています。

5、英会話で言いたいことが言えない

英会話で言葉に詰まる理由は、日本語におけるモノの見方のまま英語を話そうとしているからです。

そのため、日本語と英語のモノの見方の違いを知ることが重要になります。そのようなモノの見方の違いがわかるのが弊社の『英会話イメージトレース体得法』です。

ただし、英語のモノの見方を知っただけでは英語がスラスラ出てくるようになるわけではありません。頭だけでなく体にも覚え込ませる必要があります。そのような練習テキストとしておすすめなのが『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』です。

基本構文をひたすら反復練習するテキストですが、やりきればきっと英語を話す手助けになると思います。

6、全体的な底上げがしたい

英語の基礎力を向上させるのに最もよい学習方法は音読です。その音読をするためのテキストには二種類あります。一つはひたすら音読を繰り返すことを目的としたもの、もう一つは解説と音読を組み合わせたものです。

ひたすら音読を繰り返す目的に合ったテキストは『英会話・ぜったい・音読シリーズ』です。基本的に中学校の英語教科書から抜粋した英文が掲載されているので、レベル的にも難しくありません。単語も意味なども併記されていますが、音読をメインとしているので、邪魔にならない程度です。

解説と組み合わせた音読テキストであれば弊社の『英会話エクスプレスシリーズ』がおすすめです。英会話エクスプレスシリーズではイメージによる解説をしています。文字による解説は「返り読み」のようなものも含まれてしまうため、音読と相容れない部分がありますが、イメージであれば音読と相性良く学習を進めることができます。

※私たちが日本語を聞いた順に理解できるように、ネイティブも英語を聞いた順に理解できます。それは聞きながら自然と話している内容をイメージすることができるからです。英会話エクスプレスの解説は、そのような自然と内容をイメージできる手助けをする解説になっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする